けやきのお父さん

みなさんこんにちは🌞

コロナがついに東京で1日4万人超え⁉︎

怖い怖い、そして毎日暑いですね

今日はけやきのお父さんのお話し

けやき並木整形外科は

院長✨看護師、クラーク

理学療法士、作業療法士、通所介護、送迎隊、

リハビリ助手、事務と50名ほどおります

前にも少しお話ししましたが、みなさんいい人ばかりで仲良しです😊

患者さん想い

患者さんに熱い

院長がそうだから、スタッフも同じ想いなんだと思います

今まで医療・福祉のお仕事を20年ほどしてきましたが、あんなに患者さん想いな先生に出会った事がありません

あぐらをかいた怖い先生や、あっさり冷たすぎる先生、、

なので院長にお会いして、こんな先生もいらっしゃるのだと感動しました

毎週ある勉強会や会議だったり

みんなでより良いクリニックに向けて!!

いつかの院長の名言✨

【スタッフみんなのお父さんだから】

院長は覚えてないかもしれませんがw

家族や友人に自信を持って薦められる、そんなクリニックです

けやきのお父さんを筆頭に、みんなで仲良く頑張ります😊

“けやきのお父さん” への1件の返信

  1. beatles_age・Soba より:

    こんにちは。
    .

    シモちゃんのブログの通りのクリニックですね。

    思い出します。2018年の5月半ば過ぎ頃だったと思います。

    数年間、腰痛で何軒かの整形外科に通いましたが、一向に良くならず。

    Googleで府中の近場を検索していて、眼に止まったのがこのクリニックでした。

    HPも開設されていたので、「院長からのごあいさつ」を読み、院内の最新設備を拝見、

    開院はこの5月1日との事。開院間もないクリニック、最新の設備で自宅からも近い。

    この時は、右手の親指がバネ指になり辛いのもありました。

    早速予約の電話を入れて、翌月曜日の朝一での診察。

    院長以下、約11名ほどのスタッフ。最初の問診票は右手の親指のバネ指で書けず、

    受付のお二人の内多分、武さん(記憶が定かではありませんが、、、)に名刺を渡して書いて頂き、診察になったような、、、

    問診を終え、右手親指と腰のレントゲンを中矢さんに撮って貰った事を思い出します。

    早速レントゲンの結果を見ながら、腰の状態は酷く「もっと早く来ていれば、何とかなったのに」と院長が。

    しかし、もっと早くと言われても、開院はこの十数日前。無理ですよ!!

    割と気さくに話をされる院長だなと、その頃は開院間もない時でしたので空いていて雑談も。

    雑談も終え、右手親指のバネ指は、親指の根本に注射をする事に。

    院長が、「この注射は痛いですよ。」と云った傍からぐっと親指の根本に。

    翌日に親指の状態を診て、腰の事をしっかりと診療方針を受ける事に。

    注射の後は直ぐに、高橋さんからリハビリを受け、リハビリ室での和気藹々とした患者さん達とのケアについての

    話声が。皆さん患者さんの事を親身になって向き合っておられました、
    .

    院長以下、スタッフ全員が患者さんが、

        「けやき並木整形外科の理念」

     ・良質な医療を継続的に提供し、地域に貢献

     ・どんな患者様にも優しく丁寧に

     ・最新の医療を常に学び患者様に還元する

     ・凡事徹底・一意専心

    を実行していらっしゃいました。
    .
    .
    ようやく見付けた最後の砦と云う気持ちで一杯になり、帰宅後に早速「くちこみ」に投稿。

    それから4年間のお付き合いが始まり、今こうして普通に歩き、ホームジムで広背筋を鍛え、

    腰痛の更なる改善に努めている通院から4年後の自分です。

    しかし、いつまで続けられるのか、、、

    多分、、このクリニックとのお付き合いは通所リハビリになっても続いているでしょう。

    それではまたクリニックに伺った際には、、宜しくお願い致します。

コメントを残す

いただきましたコメントは一時保留(承認待ち)とさせていただき、必ず一般公開されるものではございませんことご了承ください。* が付いている欄は必須項目となります。

このニックネームはレビュー投稿者として一般公開されます。